健康長寿・アンチエイジング研究委員会

各界の専門家たちが「健康長寿」「アンチエイジング」に役立つ情報を提供します

これに気をつければ「がん」は防げる

前回まで2回にわたって「がん検診」を題材に記事を配信し、「がん検診」にたいして我々が取るべきスタンスについてヒントを示しました。 一部の方にとっては「『がん検診を受けなくても良い』とは無責任に言うな!」とお怒りの方もいたかと思います。 確かに…

マンモグラフィーによる乳がん検診は必要なのか

今回の題材は「乳がん検診」です。 母親が娘に向かって「●歳になったら乳がん検診は必ず受けなさい」とアドバイスしているケースもよく見られますが、乳がん検診の効果については、賛否両論があるのも事実です。 それらに対して、本委員会としての見解を紹介…

「がん検診」の効果について国と医学界の見解は異なっている

日本人の死因で一番多いのは「がん」であり、多くの人は「がん」に対する恐怖心を持っていると思います。 保険会社はテレビCMでがんの恐怖を煽ってがん保険を巨大市場へ発展させ、医療機関はがん検診を推奨することで巨大な「検診市場」を創り上げています。…

「起床時間」を一定にするだけで立派な健康習慣

健康長寿にとって「良質な睡眠」は必須ともいえますが、忙しい現代人にとってなかなか難しい課題でもあります。 毎日まったく同じリズムで過ごすことが長生きの観点から理想ではありますが、様々な公私さまざまなタスクを抱える現役世代にとって、それは無理…

泣くことで健康寿命が長くなる!?

皆さんは、「泣く」ことにマイナスのイメージを持っていませんか。 主に悲しい時や辛い時に涙が出てくるから「泣くのは恥ずかしいこと」と考えてしまいがちですが、一方で、嬉しくて涙を流すケースもある通り、必ずしも「泣く」ことは悪いことではないことだ…

「適量の飲酒は長生き」の主張に疑問を呈する

「まったくお酒を飲まないよりも、少しはお酒を飲む人の方が長生きできる」という話は、今ではかなり有名な「事実」として知られています。しかし、本委員会は日本人がこの言説をそのまま信じるのは危険だと考えています。 なぜそのように考えるのか、本委員…

栄養ドリンクを飲んでいいのは「非常時」のみ

体の疲れが取れない時、ついつい頼ってしまう栄養ドリンク。 眠気覚しに効果もありますし、「飲んだら自然とやる気が出てくる」と感じる方も多いのではないでしょうか。 しかし、「栄養ドリンク」は摂取量が増えるとリスクもあります。 今回は、栄養ドリンク…

規模で病院を選ぶのは時代遅れ

みなさんは診察してもらう病院を選ぶ時、どのような基準で選んでいますか。 「なんとなく大きな病院のほうが安心」という思いから、大病院を受診する方が多いのではないでしょうか。 今回は医療費負担の問題も含め、規模で病院を選ぶことのリスクについて考…

うま味調味料(化学調味料)とどう付き合うか

いろんな食品に入っている「うま味調味料」は、その昔、「化学調味料」と呼ばれていました。 名称を変えることでイメージアップを図ってはいますが(笑)、いまだにあまり良いイメージを持っていない人も多いようです。 今回は、うま味調味料との付き合い方…

健康長寿のためには友達を選ぶべき!?

少し刺激的なタイトルとなってしまいましたが…「類は友を呼ぶ」という言葉がある通り、似た者同士が友人関係になることが多いものです。 今回は友人関係と健康長寿(幸福度)についての研究結果などを紹介し、本委員会の見解をお示ししたいと思います。 「幸…

運動が苦手な人は「運動」しなくても良い

健康長寿のためには適度な運動が必要であるとされており、本委員会の他の記事でも何かしらの運動を推奨しています。 しかし、世の中には運動が苦手な人が存在し、そのような人たちにまで「運動をしなさい」と言っていいのかは議論の余地があると思っています…

(批判を承知の上で…)タバコのメリットを真剣に考えてみた

タバコが健康に悪いのは疑いようのない事実だが 健康長寿を目指す際、タバコは百害あって一利なしというのが、多くの人の考え方でしょう。 最近ではタバコ嫌いの人はさらに増え続け、JTの調査による日本人の2018年の喫煙率は17.9%で、性別にみると男性27.8…

残留農薬はどこまで気にするべきか

「農薬」と聞いてみなさんはどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか。ほとんどの方がマイナスイメージを持たれるのではないでしょうか。 農薬があるからこそ、私たちは安価で豊富な農作物を食べることができているのですが、食の安全を考える時にはどう…

カロリー表を見ると寿命が短くなる?

健康志向が強まる中、最近は包装された食品だけでなく、レストランのメニュー、スーパーのお惣菜などにもカロリー表示がなされるようになりました。 このトレンドに対して、本委員会は懸念を持っておりますので、今回は委員会としての意見を申し上げてまいり…

長生きのためには権力とお金に執着した方が良い?

今回はタイトルからしてチャレンジングなものとなっていますが、ある意味タブーと言われるような内容も書いていきたいと思います。 長生きのためには、いつまでも「異性に興味を持つこと」は重要であると昔から言われています。 私がお会いする超高齢者の中…

どのスポーツが長生きに効果的かを考えてみた

健康寿命を延ばすためには、可能な限り「運動」を続けていくことが重要なのは言うまでもありません。 日本政府がスポーツ振興、特に「生涯スポーツ」に力を入れているのは、国民の健康寿命を延ばすためと言っても過言ではないでしょう(健康寿命が延びれば医…

「ステロイド」バッシングに物申す

「ステロイド剤」と聞いて、皆さんはどういうイメージを持ちますか? 多くの人は良いイメージは持っていないのではないでしょうか。 そう思われてしまう原因としては、これまで医療界でステロイド剤が適切に使用されてこなかったことがあるかと思われますが…

ペットと同居する子どもは病気になりにくい

今回は、犬や猫などのペットと人間の健康維持の関係性について洞察していきます。 「赤ちゃんとペットが同居するのは衛生面で良くない」という考え方も良く聞く一方で「子どもの間に雑菌と触れることで強い体が作られる」という考え方を聞くこともあります。…

長寿の基礎は「血行を良くする」〜お風呂を大事に〜

本委員会は「健康長寿を実現させる」ため、あらゆる視点から委員会としての見解を紹介しています。 その中では、可能な限り信頼できる機関や組織のデータ、文献を参考にしています。 今回は過去に日本テレビで20年に渡って放映されていた「午後は○○おもいっ…

「タバコを吸うと寿命が●年縮む」というような「損失余命情報」はどこまで信頼できるか

健康に関する情報に接していると<>「●●(特定の行為)を行うと、寿命が○年縮む」などという情報を見かけることがあります。 有名なのはタバコの例で「タバコを1本吸うと、寿命が12分縮む」と言われたりします。 この「寿命が○年縮む」という情報は、「損失余…

「ベジタブルファースト」×「食事中の笑い」は最高の健康法

本委員会は、健康長寿を目指すための健康法は「手軽」であることが重要だと考えています。 今回、誰もが毎日必ず行う「食事」の間にできる健康法について紹介していきたいと思います。 近年の潮流は「血糖値管理」 ベジタブルファーストは基本 食事中に「笑…

「薬剤師は薬を飲まない」というパラドックス

現代社会では薬学が発達し、体調が悪くなると、薬に頼るケースが増えています。 薬を飲めば症状が軽くなることも多いですし、病気そのものを治してしまうケースも多々あります。 今回は、誰しもお世話になっている「薬」について、真剣に考えてみることにし…

健康法を継続するためには「仕掛け」が必要

皆さんは、健康長寿を目指して、運動や食事、生活習慣の改善などに取り組まれたことはありますか? おそらく、多くの方々は、一度は何かの健康法を試したことがあるのではないでしょうか。 では、実践した健康法は今も続いていますか? 一度始めたことを続け…

高齢者に「危ないから外に出ないで」と言ってはいけない

老老介護の問題などが社会問題化するなか、高齢者の閉じこもりが増えていると言われています。 しかし、高齢者の「閉じこもり」が増えてしますと、社会的なリスクは逆に増大させることにつながります。 今回の記事では、これらの問題を見つめ直すとともに、…

各種統計・データの「国際比較」は鵜呑みにするな

国際比較は「エビデンス」として便利だが… 本委員会では可能な限りエビデンスを示した記述を心がけていますが、そのエビデンスの中には特定の数値を海外諸国と比較したものも含まれます。 例えば、「日本が世界有数の長寿国である」という事実は、海外の国々…

コレステロールを悪者にしているのは製薬会社?

今回はコレステロール特集の最終回です。 これまでコレステロールが悪者であるとは限らないこと、コレステロール論争はポジショントークの嫌いがあることなどを紹介してきました。 そして今回は、さらにコレステロールの闇に迫っていきたいと思います。 「コ…

コレステロール論争はポジショントーク?(脂質栄養学会vs動脈硬化学会)

前回は「コレステロール値に一喜一憂するのはよそう」という見解を示しました。 今回はコレステロール論争を中心として、さらに深く洞察していきたいと思います。 専門家たちの論争を俯瞰する コレステロール高くても良い派の主張 「コレステロールは低いに…

コレステロール値に一喜一憂しなくても良い

健康診断の結果で注目しがちな「コレステロール値」 中高年の方はコレステロール値について気にされる方も多いと思います。 コレステロール値が高いと動脈硬化のリスクが高まるなど、健康リスクがあると言われているから当然と言えば当然です。 しかし、この…

あなたの寿命は何もせずに1日2時間延びている

本委員会では「プラス思考」は健康長寿の大きな秘訣の一つであると考えていますが、「平均寿命」をプラス思考に捉える考え方を紹介していきたいと思います。 溢れるネガティブ情報 昔はもっとひどかった… 現代の日本人は圧倒的に健康長寿環境に恵まれている …

「結婚すると長生きできる」のは本当か

日本人の生涯未婚率の上昇傾向は続いており、男性については5人に1人が未婚と言われています。 2030年には未婚者の割合が3人に1人にまで増加すると予想されていますが、この状況を微力ながら改善させたいという願いから、今回は結婚の効果について、委員会の…