健康長寿・アンチエイジング研究委員会

各界の専門家たちが「健康長寿」「アンチエイジング」に役立つ情報を提供します

「ベジタブルファースト」×「食事中の笑い」は最高の健康法

本委員会は、健康長寿を目指すための健康法は「手軽」であることが重要だと考えています。

今回、誰もが毎日必ず行う「食事」の間にできる健康法について紹介していきたいと思います。

f:id:longhealthy:20190217141145j:plain



近年の潮流は「血糖値管理」

食事に関する健康法については、テレビや雑誌、新聞などで毎日のように紹介されています。

皆さんもそれらの情報に接したことがあるかと思いますが、最近のトレンドはカロリー管理よりは「血糖値管理」の方に重きが置かれるようになっています。

以前は「この食材は高カロリーだから避けた方が良い」というような情報はありましたが、最近ではカロリー事態が話題に上ることは少なくなりました。

その代わりに「血糖値を急激に上げる食材は避けた方が良い」というような、血糖値の波をいかになくすかに力点がおかれる健康法が注目されています。

その理由は、各種研究により「血糖値が肥満や老化を進める原因」と考えられるようになったからです。


ベジタブルファーストは基本

血糖値管理の健康法で有名なのが「ベジタブルファースト」ですが、健康長寿に興味がある方なら一度は耳にしたことがあるでしょう。

食事を摂る際に、まずは野菜を最初に食べるという健康法です。

もはや有名な健康法ですので、ここで詳しくは書きませんが、野菜を最初に摂ることにより、その後に血糖値を上げやすい食材(糖質が多いもの)を摂取しても、血糖値が上がりにくくなるというものです。

この健康法については、委員会としても満場一致でその効果を認めるところでありまして、メンバー全員が実践しているほどです。

今回紹介する健康法は、そこに一つの要素を加えて、さらに健康長寿を促進させるというものです。


食事中に「笑う」

その要素とは、「笑い」です。

笑いの効果は、どんな薬より効果があると言われているほどで、その効用は挙げるとキリがないほどです。

最も有名な笑いの医学的効果は「免疫力のアップ」でしょうか。

免疫力とは、病気の原因となる体内のウイルス細菌などから体を防衛する力のことです。

この免疫力の源は「ナチュラルキラー細胞(NK細胞)」と呼ばれる細胞ですが、「笑い」はNK細胞を活性化させることが数々の研究結果により判明しています。

ちなみに、これらの研究では、実際に笑わなくても「笑うふり」でも免疫力が上昇することもわかっています。

その事実だけでも、笑いの効果がいかほどか、おわかりいただけると思います。

f:id:longhealthy:20190217141535j:plain


笑いの効果は無限

免疫力アップや血糖値上昇を抑える効果だけでなく、その他にも「血圧を下げる」「善玉コレステロールを増やす」「脳の活性化」「ストレス低下」などの効果が各種研究により明らかとなっています。

また、リウマチやアトピーの改善にも役立つこともわかっています。


どうやって「笑う」か

好都合なことに、笑うことに費用はかかりません。

そういった意味で費用対効果は抜群で、良いことづくめの「笑い」をうまく活用しない手はない、というのが本委員会の共通見解です。

では、どうやって食事中に笑いを取り入れればよいでしょうか。

複数人で食事するケースと一人で食事するケースにわけて考えた結果、以下の方法を提案します。

<複数人で食事をする場合>
仕事のことなど真剣な話はほどほどにする。必ず1個は柔らかい話題や「馬鹿話」「失敗談」などを盛り込むなどして食事メンバーが「笑いの場」を創出するように心がける。

<一人で食事する場合>
お笑い番組や動画などを鑑賞しながら食事する

いかがでしょうか。

一人で食事する際の「テレビを観ながら食事」については賛否両論あるかとは思いますが、笑いの効果を考えると明らかにメリットが強いと考えたため、あえて提案させていただきました。

本委員会が提案する、「ベジタブルファースト×笑い」、是非とも試していただければと思います。

以上、参考になれば幸いです。